• 房総ぼっち
  • ひまわり太鼓
  • 煎りたて落花生
  • ピーナッツ粟ゼリー
  • 納豆落花生
  • 落花生豆菓子
  • 贈答品詰合せ
カートを見る

千葉八街産落花生とこだわりの和菓子

千葉八街産落花生とこだわりの和菓子 ひまわり

房総ぼっち

房総ぼっち

房総ぼっち

厳選した落花生の蜜煮入りの餡(あん)をうすい皮生地にたっぷりとはさんだ和菓子です。
餡は、落花生と相性の合う白いんげんに練り込んだもので、香ばしく仕上がっているのが特徴。しっとりとした外生地と落花生のまろやかな餡が上品な甘さで味わいいただけます。

実績

2009年 佐倉市みやげコンクール受賞
2011年 第51回全国推奨観光土産品審査会にて推奨
全国的の優秀な観光土産品として認められ、推奨されました。
2015年 東海ラジオ「山浦・深谷のヨヂカラ!」の番組内で紹介されました。

お菓子業界では、ナッツ入りのお菓子といえば、ナッツを細かく砕いたものをチョコやクッキーなどに入れるものが主流です。
ひまわりでは、千葉県産の落花生の美味しさを皆様に知ってもらいたく、あえて落花生を“主役”にしたお菓子を販売しようと「房総ぼっち」を開発・製造しました。

房総ぼっちは、柔らかくした落花生がまるごと入った和菓子。ご年配の方からも食べやすいと評判です。

房総ぼっち

名前の由来は?

名前の由来は?

千葉県内に広がる落花生畑。収穫した落花生の株を逆さまにして天日干しをする際、株を集めて山のように積んでいるその様子を方言で「ぼっち」と呼んだことから命名されました。
決して、ひとりぼっちの『ぼっち』ではございません!

どら焼きのように見えるけど・・・

どら焼きではございません。見た目はどら焼きのように思われるかもしれませんが、外生地はおまんじゅうの生地に近い食感です。見た目との違いを味わっていただくため、ぜひ一度お召し上がりください。

どら焼きのように見えるけど・・・

3カ月日持ちします

製造から3カ月ほど日持ちします。生地が餡からしみ出る水分を吸収するので、時間が経つにつれて生地はしっとりとしてますます美味しくなるという、味わい深い和菓子です。

売上個数は1日500個!

売上個数は1日500個!

発売開始から毎年増産中です。ネット販売も含め、年間で約10万個、1日500個ほど売れております。新しい千葉・佐倉の「落花生菓子」として大人気商品です。

ページトップへ